• clubasia 20th Anniversary
    2016.3.6 sun @ Shibuya clubasia

    満員御礼!大盛況にて無事終了!!
    ご来場下さった皆様ありがとうございました!!
    また逢う日まで、、Stay Irie...「Go Rudyyyyy!!」

  • Information

    ORESKABAND pre.

    "Stay Irie Go Rudy 2016"

    Date/ 2016. 3. 6 Sun

    Place/ Shibuya club asia

    Open/ 14:00

    Ticket/ ¥3,000 [+1Drink]

    *Student Discount/ ¥2,500 [+1Drink]


    Ticket Release/ 2016.2.6 Sat 10:00~
     

    Info/ info@clubasia.jp

    Thank You!!

  • Stay Irie Go Rudy 2016 Special play list

    ★ プレイリストに Alaska Jam / Ja Ge George / tatsu (Bass from LÄ-PPISCH) 追加!! ★

  • "スカ カルチャーを次世代に!! "

    ジャマイカで生まれた『スカ』『レゲエ』、人種差別を飛び越えてロンドンで生また衝撃的な『2トーンスカ』、

    アメリカに浸透し生まれた『サードウェーブスカ』。様々な文化と混ざり合い、進化しながらも、スカ&レゲエは若者たちの希望のダンスミュージックであり続けました。

     

    『音楽は誰のものでもない。みんなのものだ。』

    スカやレゲエが生まれた本場ジャマイカ音楽界における偉大なトロンボーン・プレイヤー、リコ・ロドリゲスの言葉。
    1962年、ロンドンに移住した彼は、本場のスカ/レゲエを英国のパンクス達に伝え、様々なバンドと共演を果たし影響を与えてきました。この言葉の通り、国境や人種を超えて繋がるポジティブなエネルギーは、『スカ』や『レゲエ』が持つ大きな魅力と言えます。

    "Stay Irie Go Rudy(ステイ・アイリー・ゴー・ルーディー)" ではその魅力を素晴らしいアーティストと共に8時間踊りまくりながら体感できるカルチャー発信型イベントです!!

     

     

    このイベントがあなたの大好きなスカを発見するきっかけになることを願って。

     

    "Stay Irie, Go Rudy 2016" いざ!! 開幕です!!

     

  • COMMENT

    Message from ORESKABAND

    tae [Drums]

    Stay Irie, Go Rudyがついに東京公演決定!
    スカ好きや、ジャンルとかよくわからんけど祭り大好き!って人、みんながひとつになってアガるイベントを目指しました。
    今回はいわゆる"SKAイベント"というよりも、"ルーツ"を大切にしていて、なおかつそれを"今の時代の音楽"として自分たちの音や言葉で発信している最高にクールなアーティストが集まってくれてます!
    特別な1日を一緒に楽しんでね!

    tomi [bass]

    去年から始めたStay lire,Go rudyが今年も開催決定!

    嬉しい!ありがたい!
    このイベントはスカやレゲエの魅力や精神を広める大切なパーティです♪

    大好きなバンドや尊敬してやまない先輩の力も借り、全身高ぶってます!

    やっっっっばい時間を共に過ごしましょう!

    SAKI [Trumpet]

    SKAという音楽は私に

    困ったことや落ち込んだ気持ちをポジティブなエネルギーに変えるきっかけをくれました。

    笑いながら悩むことは難しいことではないよ。と教えてくれました。

    たくさんのミュージシャンが繋いでくれたSKA Musicの歴史。

    私たちが受け継ぐ時だと思っています。

    最強のメンツでまってます。COME & DANCE

  • HAYAMI [Trombone]

    自分たち発信でスカ&レゲエイベントをやるだなんて、3年前の自分には想像もできなかった!!
    音楽はもちろん、パフォーマンス、心意気、ルーツへの愛、その全てがも〜〜〜れつにかっこよくて、大大大リスペクトしているバンド、セレクター&DJ、そしてMCにソウルフードまでが大集合してくれた自信たっぷりにお送りするスカ&レゲエイベントです!!

    そして、私にとって人生で一番大切で愛おしいイベント。

    スペシャルなアイリーをいっぱいもらってってください★

    iCas [Vocal/Guitar]

    壁にぶつかった時、道に迷った時、大事な何かを見失っている時、ふと聞こえてきたSKA MUSIC。

    あの軽快な裏打ちのサウンドに優しく力強い音でアッケラカンと悲しみを笑い飛ばすパワーをもらい、人への愛とリスペクト、そして全ての出来事へ感謝することの大事さを教えられ、私の人生は変わっていきました。

    そんなSKA、REGGAEのIrie精神を大事にしている素晴らしいアーティストがこの日集まり最高にピースな夜にしてくれます!

    しかも日本のSKAの歴史を作ってきた偉大な先輩アーティストの方々と、これから担っていくアーティスト達が同時に見れるなんて!こんな奇跡はこのイベントしかない!(この凄さをみんなに分かってほしい!笑)

    更に今回、リスペクトする豪華なDJ陣の中に私もまざてもらえることに!(こっちのフロアも凄いことになるよ!)

    ジャンルや表現は違えど気持ちはみんな一緒!

    もうなんの準備もしないで、ただ飛び込んでおいで!

  • TIMETABLE

  • LINE UP

    BAND / Selecter&DJ / MC / FOOD

    BAND

    ORESKABAND

    2003年結成。
    2006年、ミニアルバム『俺』でメジャーデビュー。
    2008年、全米最大級のパンクロックフェス"Warped Tour"に日本人初の全46都市フルツアー参加し、2013年には結成10周年を記念し、ベストアルバム『BEST (2003-2013)』をリリース。2015年、ニューヨークGramercy Theatre にてヘッドライナーライブを決行。イギリスの公共放送局BBCにて放送されたラジオ"Global Music: Ska"にゲスト出演。

    THE STAY IRIES

    SIGR2016 ORIGNAL BAND

    [Member]

    MC Rei Mastrogiovanni

    Vo&Gu. iCas(ORESKABAND)

    Vo 心言(Alaska Jam)

    Gu. KZ (HAKAIHAYABUSA / VDX)

    Ba. 大樹(音の旅crew)

    Dr. MAH(SHAKALABBITS)

    Tp. SAKI(ORESKABAND)

    T.sax ADD (SEVEN STEP) , Yaaz. Hiroshi(beat sunset)

    Vo&T.sax Ai Yamashita(beat sunset)

    Tb. HAYAMI(ORESKABAND), Shuhei Sugawara (beat sunset)

    A.sax Kohei Ogasawara (beat sunset)

    Key. Kuni(beat sunset)

    SHAKALABBITS

    1999 年5 月に結成.のスカパンクバンド。これまでにSingle 17枚・Mini Album 2枚・Album 7枚・Acoustic Album 2枚・Best Album 3枚・Live Album+DVD 1枚・DVD 10枚を発表すると共にLIVEも精力的に行う。ライヴハウスから日本武道館まで、全国各地へと精力的にツアーを敢行しながらカナダ、台湾など海外公演も実施。ライブチケットは各地完売と入手困難なプレミアムチケットとしても有名。常に進化を続けるポップでパンクな楽曲はもちろん、UKIの真に迫ったボーカルがファンから高く支持されている。ステージにおける躍動感のあるパフォーマンスも人気。

    Alaska Jam

    2010年4月活動開始。 ヒップホップとロックを真正面から合体させたバンドサウンドで人気を集め、2013年3月に1stミニアルバム『HELLA HELLA GOOD !!』全国発売。圧倒的なLIVEパフォーマンスが一躍話題を呼び、 渋谷clubasiaでの自主企画イベントではバンド/アイドル/ヒップホップ/DJをミックスしたラインナップで、300人以上の動員を記録。2014年7月2日発売の2ndミニアルバム『MELLA MELLA HERO!!』ではROVOの益子樹がレコーディング/ミックス/マスタリングを手掛ける。このアルバムを引っ提げて同年9月に開催された渋谷clubasiaでの
    ワンマンライブは、早々にソールドアウト。オーバークラウンドからアンダーグラウンドまで第一線で活躍する彼らのポテンシャルの集合体は化学反応を続け、未知数の広がりを魅せる。

    HAKAIHAYABUSA

    SUBLIMEをルーツとするバンドは数あれど、ここまで徹底した西海岸ミクスチャーのマナーに則ったバンドは類を見ない。結成して10年以上の間、精力的にライヴ活動を行ってきた実力派バンドだが、満を持してのメジャー・デビュー。サーフ・ロック、レゲエ、スカ、パンクなどの様々な要素を詰め込み、緩やかでポジティヴなサウンドは、せわしない日常の中にあっても、一瞬で太陽の光が降り注ぐオアシスにいるかのような気分にさせてくれる。
    ルーツをとことん追求し、文化を継承していこうとする純粋な理念に共感を覚える人も多いだろう。

    vagarious vagabondage

    07年結成。オールラウ ンドスカパンクと呼ぶに相応しいそのバンドスタイルは他の追撃を許すことなく、どんな舞台に立っても決して揺らぐことはない。スカを基盤にレゲエ、メタ ル、アイリッシュ、メロコアなど様々な要素を取り入れハッピーなパーティーチューンからヘビーで攻撃的なサウンドを武器に独自のスタイルでスカパンクを発 信し続けている。会場全体を巻き込むド迫力のライブパフォーマンスも必見!!7人が繰り出す多彩なステージングとメロディはまさに今のバガリアスの躍進の象徴である。

    beat sunset

    2006年、札幌で結成。日本のオーセンティック・スカ&ロック・ステディ・バンドの祭典『BIG SHOT』に2年連続出演。2013年8月に待望の1stフルアルバム【one】をリリースし、MUSIC MAGAZINE「ベストアルバム2013」ジャパニーズレゲエ部門ベスト5に選出。2014年8月に東京スカパラダイスオーケストラ主催のイベント、『トーキョースカジャンボリー』のオープニングアクトを務めたほか、2015年には“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO”にRISING★STARとして出演するなど、その注目度は日に日に増している。

    Iwanaga!  [from USA]

     iwanaga! (イワナガ)

    2008年、荒れたカリフォルニア州フレズノで結成された6人組のスカバンド。地元の音楽シーンのみならず、アメリカにてツアーを決行。
    Voodoo Glow Skulls, The Mad Caddies, Starpool, ORESKABAND など、たくさんの歴史あるスカバンドと共演を果たしている。

    音の旅crew

    2009年結成。ツインベース+フリースタイルMCの6人編成で始動。2012年、メンバーの脱退を経て現4人編成となり、再始動。

    reggae,dub,rock,funk,afro...  様々な音を際限なくミックスした「踊れるオルタナティブ・レゲエ」バンド。
    2015年6月 1st Full Album『LION』全国のタワーレコードにて限定リリース。同月のタワレコメンに選出される。

    Selecter/ DJ

    tatsu [from LÄ-PPISCH]

    1987年に『パヤパヤ』でメジャーデビューしたスカ、パンク、ニューウエーブなどを取り入れたサウンドが特徴のロックバンド “LA-PPISCH”のベーシスト。その音楽性はデビュー当初から、国内だけでなく海外での評価も高く、ポーランド、フランス、ロンドンなどでライブを行う。現在は、宮沢和史、大森靖子、片平里菜、ハルカトミユキ等、様々なミュージシャンのサポート・ベーシストとして活躍中。

    Ja-Ge George [RUB-A-DUB MARKET]

    80~90'sダ ンスホールレゲエをルーツに持ちながら、ジャマイカでもUKでも「ジャパレゲ」でもなく、21世紀東京の「意外と当たり前ごちゃまぜカルチャー」を提唱する東京オリジナル異型ラガマフィン・トリオ RUB-A-DUB MARKETの異端DEE JAY(MC)。現在までミニアルバムを3枚、フルアルバムを2枚リリース。 フジロックフェスティヴァルを始めとした野外フェ スにも多数出演。ホームパーティ[STRICTLY DANCING MOOD(SDM)]を始め、real step主宰の ルードボーイ祭り[DOWN BEAT RULER]での総合ホスト役、ヒューマン・ビート・ボクサー桜井 響との共演、さらにはManu Chaoと並び称されるス ペイン・バスクのレベル・ミュージック巨人Fermin Muguruzaの作品やドイツのJAHTARIにもフィーチャーされるなど、彼のマイク捌きとリリックは既にジャンルも国境も越えて認知され始めている。2011年はスペイン・ツアーを行い現地でも好評を得た。2014年6月に待望のソロ作品「Down Beat Rule」をリリース!
     

    SHO KIKUCHI

    本業は写真家。70年代半ばから音楽雑誌、レコード会社の依頼でジャズ、レゲエ、ラテン、パンク等を撮影してきた。そのアーティストは数えきれないくらい。例えばボブ・マーリー、スペシャルズ、マッドネス、クラッシュ、PIL、D.ボウイ、スカタライツ・・・・。オレスカバンドはデビューから数年間オフィシャルカメラマンとして東京、大阪をいききしていた。

    天ぷらDJアゲまさ [Alaska Jam/ KEYTALK]

    誕生日:1988.9.19
    出身地:埼玉県
    血液型:A型
    CONVERSE:US9/JP27.5
    憧れのヒーロー:さとし(ポケモン)

     

    「ふざけた顔した天才アゲアゲたけまさのミュージックセレクトに大注目!!!彼の音楽愛を体感しよう。

    by HAYAMI (Trombone)」

    UP&UP

    CLUB SKAのBOBOの一言であれよあれよとメンバーが集まり今のUP&UPに。
    東京の各方面で活躍し始めていたDJ陣が、SKA、ROCK STEADY、REGGAEなどのジャマイカンミュージックを中心に、Carib-Latin Musicという、UP&UP独自の解釈を合言葉にし開催。

    渋谷HOMEにて、毎月第3土曜日深夜に絶賛開催中!

    Shima [Alegre]

    渋谷UNDER DEER LOUNGEにて偶数月第二土曜日の深夜を賑わしているDJ with BAND形式のPARTY"Alegre"のオーガナイザーでありDJ。
    【Happy Funky Groovy】をテーマとしており、LATINやSKA、GIPSYなどのWORLD MUSICをはじめ、SOUL、JAZZ、ROCK等といった"生音"。そこからリンクしたBreakbeatsや、HIP HOPを灼熱のVIBESと共に矢継ぎ早に繋いで行く。
    その熱量に満ちたプレイはLIVEという表現がよく似合う。
    MIX CD"Alegroooove!!"、"Alegroooove!!2" のリリースや
    自身のAlegreの拡大版"Alegre SPECIAL"を渋谷club asiaにて行い大成功を収めるなど精力的に活動している。

    今後も面白いことを探求して燃え尽きるまで突き進む。

    24h_ska crew

    UK / RYO-HEY / kogureo / keiの4人から成るSKA DJ crew。2012年3月に24時間ぶっ通しで古今東西のSKAをUSTREAM配信しSKA LOVERSの注目を浴びる。以降も毎年24時間配信や日本各地をリレー形式で配信するなど話題に事欠かない。

    DJ 18 (まーくん)

    ロックを中心とし、東ヨーロッパのジプシーブラスを好む。【Bottled In One Place】という、イベントを不定期開催中。

     

     

    「今回、友情出演をしてくれるまーくん!

    音楽のボーダーラインなどおかまいなし!

    心に響いた音楽、泥臭くてでも眩しいくらいかっこいいヤツらが大好きな気のいい兄ちゃんやから、見つけたらカンパ~イ!てしてみて♪

    by HAYAMI (ORESKABAND Tb)」

    MC

    Rei Mastrogiovanni

    日本を拠点にするベースボーカルSkaミュージシャン。大阪府堺市出身。実父がイタリア系アメリカ人、実母が関西系日本人。 バイリンガルであり、テレビ番組のMC、ナレーション、海外アーティスト通訳など音楽以外の活動の幅も広い。
    2015年3月4日にはHallelujah Circus Inc. (SHAKALABBITSが立ち上げた新マネージメントレーベル)の実質第一弾アーティストとしてソロアルバムのリリースが決定!!
    バイリンガルを生かし自身の音楽観で全世界に向けて発信している今後期待のアーティストである。

    FOOD

    Cafebar LOCO

    おいしいお酒とおいしいお料理と楽しい会話で、粋な大人の溜まり場になっているロコ。普段アジアやエスニック系のお料理やお刺身を出してますが、この日特別にあのソウルフードを出してくれるのか否か?!?!
    マスター である稔(みのる)さんのナイスな人柄も最高です。お腹を空かせていらっしゃい〜!
    by HAYAMI (ORESKABAND Tb)